日本語教師養成について

諸外国からの日本への興味関心、そして日本語習得のために来日している人は増加傾向にあります。そんな中ニーズが高まっているのが日本語教師です。


日本語教師は外国語を母国語とする方に対して、適切な日本語を教える仕事です。活躍の場としては、日本語学校や家庭教師など国内の他、海外の大学や発展途上国で教えている方も多いです。

日本語を学ぶ外国人の方たちは国籍や言語、文化、歴史などバラバラです。

有望な日本語教師の養成をご紹介します。

そして日本語を学ぶ目的も様々です。


そうした背景を理解し、考え、その方たち一人一人の個性や価値観を認めていくことも重要です。
日本語教師になるためには特別な資格は必要ありません。



しかし、日本語を正しく習得させていくためには細やかな知識、指導の仕方を身に着ける必要があります。

そのため日本語を教える人材を養成する場に行って勉強することが良い方法です。



多くの日本語学校では日本語教育検定試験の合格や決められた時間の日本語養成講座を受けている人を採用条件にしているところほとんどです。そしてその養成学校で学ぶことで仕事の紹介やバックアップを受けられる、人脈の広がりを得ることもできます。

日本語を外国人に正しく教えるということは日本の良さを世界に広げるチャンスとなります。ですからこの仕事は日本国にとっても顔となるようなものです。

日本語教師になるための養成を受けて誇りを持って正しい日本語を外国人に教える、広めていくことはとても素敵な仕事です。