日本語教師養成講座ではどのようなことを学ぶのか

日本語を学びたい外国人の方に授業を行う日本語教師という職業の需要が高まっています。

日本語教師の養成講座に関する情報が満載です。

日本語学校以外にも活躍の場が広がっており、家族の仕事の都合で来日したものの、日本語の理解度が不十分で授業についていけない子供たちの為に指導を行ったり、海外に渡って現地の人々に直接指導する道もあります。日本人なら誰でも出来そうに思えるかもしれませんが、外国語として体型的に教えるためには言語として日本語に精通していることと、生徒が理解しやすいように一から分かりやすく教えるスキルが必要です。



日本語教師になる為には、特別な国家資格は必要ありません。
しかし、文化庁に届け出を提出して正式に認可されている機関で、日本語教師養成講座を合計で420時間受講することが条件となっています。
他にも大学で日本語教育を専攻するか、検定試験をパスすることでも日本語教師になることは可能ですが、社会人が働きながら目指すなら養成講座を420時間受講する道が一番楽かもしれません。



しかし、仕事と両立しながら養成講座でそれだけ大量の授業を受けられるのか心配な人もいることでしょう。


主婦の場合は平日の昼間に通うコースを選べば大体半年で約420時間のノルマを達成できます。

それ以外の人の場合は、1年かけてゆっくりノルマを達成することを目指す夜間コースを受講すればいいでしょう。


学校や講座によっては、日本語教師になる為の授業以外にも、着付けや茶華道を学んで日本文化を知ることにも力を入れています。