通信教育を用いた日本語教師養成プログラム

日本語教師になるための条件にはいろいろなものがあります。

最もオーソドックスなルートは、大学以上で日本語教育のコースを修了する、420時間の養成研修講座を修了するという2つです。
試験のみのやり方としては、日本語教育能力検定試験(日本国際教育支援協会が実施)に合格するという方法もあります。

もう一つの有力な方法として、語学教育関連の会社が提供する通信教育を受講するというやり方も挙げられます。

これは語学教材を提供する会社や語学学校が作成している通信教育サービスであり、日本語教師になるために必要な技能を一通り学ぶことができるように作られたパッケージプログラムとなっています。

日本語教師の養成に関する特集が満載です。

通信教育によって内容と仕組みは若干異なりますが、学べることの大枠はほぼ同じといってよいでしょう。受講期間は約6ヶ月から1年であり、受講料は約10万円です。毎月教材が送られてくるオーソドックスなスタイルの通信教育ものもあれば、eラーニング形式で学習していくタイプのものもあります。


コースを修了すると修了証が発行されます。
学習内容は日本語教師になるために必要な文法、音声、教育法、日本語事情、異文化に関する事項が一通り身につけられるものになっています。



日本語教師の応募には、こうした通信教育の修了を条件に挙げているものもあります。

通信教材の中には日本語教育能力検定試験の対策も視野に入れて作られている傾向もありますので、日本語教師養成と試験対策の両方の学習を進めていくことができます。


何より自分のペースに合わせて勉強していけるのが魅力的です。



養成講座などに通う余力がないという場合には、通信教育を考えてみるのも選択肢の1つです。